ヤム・ソムオー

今日はタイ料理ヤムソムオー(ザボンのサラダ)のご紹介です。
ヤム(和える)、ソムオー(ザボン)のソムオーが時期ではないため、グレープフルーツで
代用しました。
a0124205_234314.jpg

タイのチリインオイル、ココナツミルク、海老、ミンチ肉などを加えたソースと冷たく冷やした
グレープフルーツを和えたお料理です。
仕上げには香ばしく炒ったココナツをトッピングして出来上がりです。
甘酸っぱくて、ココナツミルクのまろやかさも加わったサラダです。
チリインオイルの色で赤くて辛そうですが、全く辛くはありません。チリインオイルは
うまみぎっしりのタイの調味料で炒め物によく使われます。
日本人に人気のメニュー、プーパッポンカリー(蟹のカレー粉炒め)の重要な味付けにも
使われます。

このソムオーというフルーツはタイでは食べやすく剥いてくれたものが屋台で売られています。
a0124205_23413431.jpg

↑バンコクナビHPより
日本の文旦やザボンよりもはるかに大きく、中の実も子供の手のひらくらいあるかも。。。
実はザクザクっと食べ応えがあり、ジューシーで美味しい。
このソムオーを買うと一緒についてくる調味料があります。唐辛子とグラニュー糖を混ぜたもので
食べる時にコレをつけて食べたりします。
甘くて辛いのですが、コレが妙にあうんですよね~!パイナップル等につけて食べたりもします。
甘さが足りない時につけるんでしょうが、無いと物足りなくなってしまうんです。

お菓子の「柿の種」みたいな感じといえば想像がつくでしょうか?
甘いんだけどピリッと辛い。
懐かしいなぁ、早く帰りタイ。
[PR]
by rueanthai | 2009-11-01 00:03 | Ruean Thai

岡山で北タイ料理を流行らせるべく、大奮闘しているYOKO先生日記


by rueanthai