カテゴリ:Ruean Thai( 105 )

ヤム・カイダーオ

家ごはんは、ヤム・カイダーオ(卵のエスニックサラダ)作りました。
実は昨日のケータリングで用意してたゆで卵が爆発!!
こんな爆発たまご、お客様には使えなかったので自分で食べちゃいました。
a0124205_013022.jpg


本来ならば、たっぷりの油でカリカリに揚げた卵を使います。一緒に和えるのは
グンチェンというタイの甘ーいサラミのようなソーセージとたっぷりの香草。
それにナンプラー、ライム、砂糖でちゃちゃっと和えるだけ~。
サクサクに揚げた玉ねぎをトッピングすれば、香ばしい~酸っぱい~夏らしい
味に仕上がるのです。
5個の卵を食べてしまった!コレステロールが心配ですが明日は唐辛子入りの
料理を食べれば排出排出。大丈夫です。

ずっと醤油を使ってなくて、ナンプラー無しでは日々の食生活は考えられませぬ。
ナンプラーってホント万能調味料なんです~。
[PR]
by rueanthai | 2009-07-11 00:07 | Ruean Thai
タイのお菓子作ってみました。カボチャとココナツミルクのケーキ。。。といっても
蒸し菓子のようなものです。
たっぷりの卵とやし砂糖、ココナツミルクが入っております。
a0124205_21362749.jpg

出来たてを試食したところ、屋台で買ったものと同じ味で上出来でした。
冷やすとまた美味しいので明日が楽しみです。
下の葉っぱはバナナの葉。蒸し物や焼き物にも使うので重宝ものです。


最近日本も夏到来で、夏にピッタリの冷たいタイのお菓子って無いですか?
と聞かれる事があります。
考えてみればキンキンに冷たいタイのお菓子ってあまり無いんですよね~。
タピオカ粉や米粉などで作られたもちっとしたお菓子はたくさんあります。
ココナツミルクで煮たバナナやカボチャも温かく又は常温で食べることが
多いのです。
殆どのお菓子は冷蔵庫に入れると硬くなってしまいます。
そもそも屋台では冷蔵設備無いですし。。。。
だから、真夏にピッタリの冷たいお菓子のリクエスト、悩んでしまうのです。
[PR]
by rueanthai | 2009-07-02 22:09 | Ruean Thai

ナムプリック・オーン

最近暑くてかないませぬ。
今日は野菜をモリモリ食べたかったので、ナンプリック・オーン(ひき肉とトマトのディップ)を
作りました。
a0124205_2040942.jpg

野菜はセロリ、人参、トマト、キュウリがあったのでそれらを使いました。
他には白菜、インゲン、なす、タイもち米、タイ食材のひとつ豚の皮を揚げたもの(見た目は
お菓子のカールみたいです)などをこのソースにつけていただきます。
野菜は全て生のまま添えられます。ピリッと辛くて肉脂のコクが効いてます。
私は熱々のご飯が欲しくない時、そうめんなどにもつけて食べたりします。

a0124205_20461816.jpg

作り方は意外と簡単です。クロックで赤唐辛子、レモングラス、にんにく、カピなどなどを
叩いてペースト状にします。
a0124205_20462842.jpg

豚ミンチも入れてポクポクポク。。。。。

最後にトマトを加え軽く混ぜ合わせたら鍋に変え、ガラスープを少々加え、
水気が無くなるまで煮詰めたら、ハイ出来上がり。

タイ北部チェンマイを中心としたカントーク地方のお料理です。
現地の民族舞踊を見ながら食事するレストランなどではカントーク・ディナーと言われる
おもてなし料理が出てきますがこれは必ず付いてます。
現地で是非食べて欲しい料理です。
[PR]
by rueanthai | 2009-06-27 21:05 | Ruean Thai

ガイ・タクライ

今日の晩ご飯は、ガイ・タクライ。ガイは鶏肉、タクライはレモングラスのことです。
今日は手羽元を使ってみました。
a0124205_2245196.jpg

潰した唐辛子やニンニクレモングラス、黒胡椒や調味料に一晩漬け込んだものを
オーブンでこんがりと焼きます。
ヒーヒー辛かった042.gifけどレモングラスの香りがとっても効いてます。
使うハーブはやっぱりフレッシュなものが一番です。

今日トレンドに行ってみたら、冷凍食材コーナーにトムヤムクンセットというものが
ありました。
トムヤムに使われるハーブがたくさん入っており、生のコブミカンの葉やレモングラスも
入っていましたよ。
トムヤムしなくても、タイ料理に使えるハーブばかりだから初心者の方には
セットでお得だし重宝しそうです。それにお手ごろ価格でした。

ムシムシする日には、タイビールのシンハーやチャングと一緒に食べたいものです。
[PR]
by rueanthai | 2009-06-23 22:06 | Ruean Thai
今日は日本人にも人気のあるプーパッポンカリー(渡り蟹のカレー炒め)が食べたくなり。。。
でも、生の渡り蟹は手に入らないのでエビとイカで作ってみました。

現地では観光客が訪れるというソンブーン・シーフードレストランが有名です。

a0124205_23194825.jpg


ニンニク、カレー粉を炒め、渡り蟹のぶつ切りを強火で炒めます。
続いて、セロリや玉ねぎ、味付けはココナツミルクや調味料もろもろ、最後に溶き卵を加えて
トロトロの状態ですぐにお皿へ。
熱々のうちに蟹にかぶりつきます~。トロトロの卵のソースをご飯にかけていただくと
もう最高072.gif
何杯でもご飯がすすんでしまうのです。

ソンブーンには一度行ったことがありますが、お値段にびっくり。
渡り蟹の大きさに応じて一皿うん千円したように思います。
あの小泉さんも来たみたい、写真が貼ってあったような。

美味しいけど、いつもソンブーンでは食べられないので、私の場合は屋台で作って
もらっちゃいマース。
魚、イカ、渡り蟹、貝類などを置いているシーフードの屋台なら作ってもらえます。
2人でお腹一杯食べて500円くらいでした。だから止められないのよ、屋台って~。

レストランでは日本と変わらないくらいの値段なのに、屋台だったら安くってレストランにも
負けないくらいのお味。
屋台をあなどってはイカンのですぞ。

タイ人には無くてはならない屋台、美味しくない屋台は日々淘汰されてゆくのです。
[PR]
by rueanthai | 2009-06-09 23:46 | Ruean Thai

岡山で北タイ料理を流行らせるべく、大奮闘しているYOKO先生日記


by rueanthai