<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

12月のタイ料理教室

寒くなってきましたね~。でも寒くってもタイ料理を食べてポカポカ温まりましょう!
12月のタイ料理教室参加者募集中です。

シューシープラー(白身魚のレッドカレーソース)
クンオップウンセン(海老と緑豆春雨の蒸し物)

デザートは温かいココナツミルクと3色だんごのお汁粉です。

日時:12月13日(日) 11時~
場所:岡山市北区伊福町4丁目5-46 cooking school forest club
会費:4,000円(材料費込み)
定員:6名様

お申し込みはメール rueanthai@amail.plala.or.jp 又は電話 086-250-0110 まで

お待ちしております。
[PR]
by rueanthai | 2009-11-26 23:32 | Ruean Thai

雑誌oseraの取材

a0124205_23261176.jpg

昨日、雑誌「オセラ」さんが、タイ料理教室についての取材に来られました。
この写真は撮影用にアジア~ンな雰囲気に仕上げてくださったものをパチリ037.gif
させていただきました。ありがとうございます!
12月25日号の「オセラ OSERA」さんに掲載されます。
詳しくはまたアップいたします。
タイ料理教室も本格展開いたしますぞっ066.gif
[PR]
by rueanthai | 2009-11-17 23:17

出張料理教室 in susie

明日は出張料理教室に玉野に出かけます~
3種類のタイ料理メニューに挑戦しますが、メインのカレーは以前ケータリングで出した
パネンカレー(牛肉とピーナツの濃厚カレー)がとても好評だったようで、今回みんなで作ります。

a0124205_1753175.jpg

たっぷりのピーナツ粉入りで水は一切加えない濃厚なカレーで016.gif
とってもコクがあって甘さ辛さのバランスが良いので日本人にも食べやすいのではないでしょうか?

こちらのカレーは、ランチのケータリングメニューに入っているのですが、すっごく好評なんですよ。
昨日、今日のケータリングでも「こんなカレーが作れるんですね~羨ましい012.gif」との
お声を頂きました。
作り方は簡単ですが、ちょっとしたコツがあります。そのコツをおさえればお家でも
本場のパネンカレーが作れるんですよ!

明日は6名様。頑張ります~。
[PR]
by rueanthai | 2009-11-14 18:04
ここんところ、寒くなってきたのでケータリングのデザートも刷新しようかと
今日は試作品作りです。
ファクトーンサンカヤー(カボチャのココナツプリン)です。
これは丸ごと1個カボチャをくり抜いたものを器として使います。
作り方はいたって簡単!!
卵、ココナツミルク、やし砂糖どっさりを混ぜるだけなのですが、ここで美味しくなる秘訣が
あります。
パンダンリーフ(タイ名:バイトーイ)の葉の香りをつけるため、一緒に入れて手で揉むように
混ぜます。
a0124205_2149308.jpg

a0124205_21512032.jpg

しっかりとパンダンリーフの香りをつけるように、モミモミ・・・・
a0124205_2241341.jpg

一度漉してからカボチャの入れ物に流し込み蒸すだけ~
a0124205_21495463.jpg

出来上がりはイメージこんな感じ・・・
a0124205_21451435.jpg

まだ出来たて熱々なので一晩置いて冷ましてから切り分けます。
もちろんカボチャも柔らかいので食べることが出来ます。ココナツミルクのコクと
やし砂糖の甘さがやさしい味で、お子様と一緒に作っても楽しいかも。

カボチャにカービングを施して作ればとっても華やかなデザートにもなっちゃいます。
[PR]
by rueanthai | 2009-11-10 21:59 | Ruean Thai

パクチーのこと

昨日のタイ料理教室で使ったパクチーの根っこ・・・
a0124205_16274153.jpg

パクチーって葉っぱも使われますが、根の部分がタイ料理には無くてはならない存在なのです。
パクチー根、にんにく、粒胡椒をクロックで叩きつぶしたものをよく使います。
この3点セットはタイ料理の代表的な調味料とされ、肉料理や魚料理にも臭み消し、香り付け
などに使われ解毒作用、消化促進作用もあります。
強烈は香りだけあって、効果抜群みたいですよ~。新型インフルエンザには良いかも~。

a0124205_1716140.jpg

これはパックモーというおやつです。
やし砂糖やナンプラーを煮詰め、3種の神器(上の調味料)を加え、豚ミンチ、荒砕きピーナツを
加えてボール状にした餡を米粉の皮で包んだ甘じょっぱい、なんともおやつのようなおかずのような
不思議な味。でもコレには絶対にパクチー根が必要!!
左にはどっさりのパクチー。食べ方は、レタスにパックモーとパクチーをのせていただきます。
甘いので時々、油で素揚げした唐辛子を少しずつ食べます。上に振りかけているのは
油で揚げたニンニクのみじん切りです。米粉の皮がくっつかないようにニンニク油もまぶしてあります。

サークーサイムー(サークー=タピオカ、サイ=入れた、ムー=豚肉)というタピオカ団子も、
中身はコレと同じです。外側に粒々のタピオカをまぶして蒸したおやつです。
見た目にも透明な衣がキラキラしていてかわいいのです。
これをイベント屋台で出したら人気あるのでは!?と検討中です・・・・
[PR]
by rueanthai | 2009-11-07 16:59 | Ruean Thai
11月のタイ料理教室のご案内です。
詳細はコチラ ↓  (クリックで拡大)
a0124205_23161544.jpg

11月6日(金)19時より~
お申し込みはカフェピエニさんまでどうぞ~。
たくさんの方の参加をお待ちしております!
[PR]
by rueanthai | 2009-11-02 15:06

ヤム・ソムオー

今日はタイ料理ヤムソムオー(ザボンのサラダ)のご紹介です。
ヤム(和える)、ソムオー(ザボン)のソムオーが時期ではないため、グレープフルーツで
代用しました。
a0124205_234314.jpg

タイのチリインオイル、ココナツミルク、海老、ミンチ肉などを加えたソースと冷たく冷やした
グレープフルーツを和えたお料理です。
仕上げには香ばしく炒ったココナツをトッピングして出来上がりです。
甘酸っぱくて、ココナツミルクのまろやかさも加わったサラダです。
チリインオイルの色で赤くて辛そうですが、全く辛くはありません。チリインオイルは
うまみぎっしりのタイの調味料で炒め物によく使われます。
日本人に人気のメニュー、プーパッポンカリー(蟹のカレー粉炒め)の重要な味付けにも
使われます。

このソムオーというフルーツはタイでは食べやすく剥いてくれたものが屋台で売られています。
a0124205_23413431.jpg

↑バンコクナビHPより
日本の文旦やザボンよりもはるかに大きく、中の実も子供の手のひらくらいあるかも。。。
実はザクザクっと食べ応えがあり、ジューシーで美味しい。
このソムオーを買うと一緒についてくる調味料があります。唐辛子とグラニュー糖を混ぜたもので
食べる時にコレをつけて食べたりします。
甘くて辛いのですが、コレが妙にあうんですよね~!パイナップル等につけて食べたりもします。
甘さが足りない時につけるんでしょうが、無いと物足りなくなってしまうんです。

お菓子の「柿の種」みたいな感じといえば想像がつくでしょうか?
甘いんだけどピリッと辛い。
懐かしいなぁ、早く帰りタイ。
[PR]
by rueanthai | 2009-11-01 00:03 | Ruean Thai

岡山で北タイ料理を流行らせるべく、大奮闘しているYOKO先生日記


by rueanthai