<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日本食ブ~ム!?

現在、タイでは日本食ブ~ム!!
デパート、スーパーセンターのフードコートなどでは日本食レストランがいっぱいです。
日本人観光客を対象にしたものというより、むしろタイ人を対象にしたお店。
しかしながら、はまちの刺身もありここは日本かというくらいメニューも豊富です。

チェンマイもしかり。
a0124205_0194147.jpg

バンコクでは屋台でも日本食を見かけることはありましたが、ここチェンマイでたこ焼き屋台が
あったなんて驚きました037.gif
”たこ焼き”と書かれた軽トラックの荷台でお兄さんがとても上手にたこ焼きを転がしております。
たこ焼き器も日本のものを使っているようです。
「日本ではオタフクソースが一番美味しいんだよ!」と話すと、「OTAFUKU,もちろん知ってるよ!」
だって。
いい香りにつられ家族へのお土産に持ち帰り~5個で20バーツ(60円)也。ちょっとお高めですね。
お味もなかなか!

実は今回、レストランの人にも「たこ焼きを作ってみたいけど何の粉を使っているのか?」と
尋ねられました。日本なら簡単にお好み焼き粉を買えるけど、タイではそんなものはありません。
山芋とかあれば小麦粉と混ぜてミックス粉よりも美味しいたこ焼きが出来るのでしょうが・・・。

前回日本からお土産に持参したオタフクお好み焼きソースは大好評!
「美味しかった」そうで、またまたお好み焼き作っちゃいました。
a0124205_0312837.jpg

イカ・エビ入りのそばモダン焼きです。お好み焼き粉、ソースは日本から持参。
とろけるチーズとキューピーマヨネーズは現地で調達。

大きなフライパンで2枚焼きましたが、皆ペロリと食べてくれました。
家族にレクチャーし、今回教わったコックさんにお好み焼きの作り方を教えてあげてね!と
お願いして帰国。
果たして無事作ることが出来たでしょうか・・・少々気になります。
[PR]
by rueanthai | 2011-06-27 00:32

メニュー写真

今回の修行では、レストランのコックさんからスペシャル料理を主に教えてもらいました。
お魚マルマル1尾使ったものや、タイ料理の特色でもある赤や緑の唐辛子やハーブの色が
混ざり合って見た目にも鮮やか016.gif
これで美味しくてヘルシーなら言うことなし、です。
a0124205_2411424.jpg
a0124205_2412233.jpg

今回教えてもらった料理!どれも本当に珍しいものです。
ちなみに盛り付けと写真撮影はワタクシ担当。いかがでしょか?

さてさて、新メニューでどれから出そうか只今検討中039.gif
[PR]
by rueanthai | 2011-06-23 02:45

水牛の肉・・・お味は?

今回も珍しい料理ばかりでしたが、なかでも水牛の肉!?は日本ではお目にかかれないハズ005.gif
こちらがその水牛専門店。夕方ともなるとひっきりなしにお客さんがいろんな部位のお肉や
惣菜をお持ち帰りしています。
a0124205_05321227.jpg

日本の脂身たっぷりのお肉とは違い身のしまった赤身です。
a0124205_12550342.jpg


これは生レバーと生センマイ(胃)。毎日捌いて新鮮だからこそ生で食べられるのです。
臭みよりレバーは甘くてコリコリ!美味しい~

a0124205_01054685.jpg
咽肉?を炭火で焼いてます。炭のいい香りと脂分でかつ歯ごたえがあるのでお酒の
お供にはピッタリ。チリソースと一緒に食べます。

a0124205_01061833.jpg
こちらは生肉と生センマイを玉葱や粉唐辛子、ナンプラー、ライム汁などと和えた
ピリ辛の料理。タイ版ユッケのようです。
脂身が少なくてヘルシー、どれも臭みが感じられず美味しいものでした。
帰宅後、お母さんから「食べたことがないのだから万が一のために薬を飲んだら?」と
お家の人も食べたことがないそうです・・・・。

a0124205_23282758.jpg

こちらは水牛の皮のおつまみです。
夜になると屋台版飲み屋さんが出没しますが、この水牛の皮もちゃんと食べられます。
というかかじります。
硬い皮を炭火で真っ黒に焼き、かなづちで叩き、たわしでこげをこそげ取りタレをつけて
ビールのお供に。硬いするめのような歯ごたえで味は殆どありません。
冷めると硬くなってくるので温かいうちに食べたほうがベター。
さらに油でサックサクに揚げると美味しいかも知れませんな。

水牛専門店の場所はこちら
a0124205_21512980.jpg

[PR]
by rueanthai | 2011-06-22 23:31
無事修行も終え帰国しました。毎日タイ料理を食べまくり、3キロも体重が増えております。
24日よりしっかり仕事します。

さて、チェンマイは・・・とにかく暑かった042.gif
冷たいものを求め早速向かったのはタイデザートの代表的なココナツシロップに
クワイや緑豆、蓮の実、ココナツ果肉などお好みでたっぷり入れてもらいます。
中でも大好物は、タプティム(ざくろ又はルビー色という意)・クローップ(カリカリしたという意)。
a0124205_005393.jpg

ここはチェンマイに行ったときに行くお店で、店名もそのまま「タプティム・クロープ」。
HISチェンマイ支店の3軒ほど隣にあります。
甘い匂いにつられショーケースにはたくさんの蜂が!近所に蜂の巣があるようでお店では
ビンに詰めた蜂蜜が売られていました。
a0124205_081274.jpg

メニューの上段に写っているピンク色のものがタプティム・クロープ。
日本のクワイとは品種の違うオオグロクワイというものをサイコロ状にカットしタピオカ粉を
まぶして茹でたのもです。
周りはプニュプニュ、中はカリカリとした面白い食感のデザート。
ココナツミルクもフレッシュなものを使っているのでとても美味しい!

バンコクのウィークエンドマーケットにも美味しいお店がありますが、ココナツシロップの美味しさは
こちらがダントツ。さっぱりとした中にコクがありエバミルクの香りがしたのでそれでしょうか・・・。

チェンマイはネットカフェよりwi-fiが多くなってきてており、パソコンを持参しない私はネットカフェを
探そうにもあまりの暑さに断念。
これからしっかり美味しいものをアップしていきますのでお楽しみに~
[PR]
by rueanthai | 2011-06-22 00:19
まずは、5月27日をもってRuean Thaiは無事に1周年を迎えることが
できました。ご来店くださったお客様、支えてくださった方々にまずは心より
感謝申し上げます。
今後とも美味しいタイ料理をもっと多くの方々に知っていただけるよう、精進して
参りますので何卒よろしくお願いいたします。

ということで早速精進のため!?料理修行のため!?
いよいよタイ出発まで残すところ2営業日となりました。
心はすでにタイ。到着してさっそく何から食べようかと今からワクワク016.gif
お家のパパイヤは熟れているだろうか・・・庭に普通に植わってるパパイヤの木。
未熟なものはソム・タム(青パパイヤサラダ)に。揚げソムタムも美味!
a0124205_142220.jpg


もちろんお料理の勉強もしっかりして参ります。
日本では手に入らないものがありなかなか現地と全く同じというわけにもいかない料理もあって
作る側としてはストレスに思ってます。
現地ならどんな料理でも食材には困らないから、作り甲斐がありますよね。
あれもこれも教えてもらっては、帰国後「手に入らない!!!」とアタフタすることはしばしば。
a0124205_191929.jpg

市場では日本ではお目にかかれない葉物野菜や、
a0124205_110103.jpg

こちらはココナッツの新芽。竹の子に似た歯ごたえの野菜としてゲーン(スープ)に入れられたりします。
a0124205_1155753.jpg

ワクワクするような活気を味わうべくまずは市場に直行049.gifだな。
a0124205_1113822.jpg

それでは行って参ります~

6月24日金曜日 午後6時よりパワーアップ開店いたします。
[PR]
by rueanthai | 2011-06-03 01:23

岡山で北タイ料理を流行らせるべく、大奮闘しているYOKO先生日記


by rueanthai